SACO WORKOUT WELL

初めての方はこちら
体験予約

TRIAL(体験60分)

11,000円(税込) / 1

施設利用(ロッカー・シャワー) / タオル・レンタルウェア・アメニティ/ カウンセリング「カラダの動かし方の健康診断」(FMS・3Dセンサーバランス測定・体組成計)

お客さまの現在の姿勢や動きの癖、身体の歪みや柔軟性、体組成などを測定。カウンセリングによってお客さまの目的を確認後、トレーナーミーティングによって協議後に、あなただけのカスタママイズされたエクササイズプランを作成します。S.O.A.P.システム=「カラダの動かし方の定期検診」を行うことによって、お客さまのカラダの状態と現状の目的を継続的に確認し、エクササイズプランをアップデートしていきます。入会時と入会から3か月毎に必ず受講をしていただいております。
※身体評価からトレーニングまでご体験頂きます。お一人様1回限りのご利用になります。

3つのポイント

  • マンツーマンサポート

    専属トレーナーがあなたの健康面も含めてサポートします。

  • 手ぶらで気軽に通える

    施設利用(ロッカー・シャワー)ウェア一式、タオル、水・アメニティ貸出し等のトレーニングに必要なものは全て完備します。

  • 見える化

    「カラダの動かし方の健康診断」(FMS・3Dセンサーバランス測定・体組成計)を行い、あなたのトレーニング効果を見える化します。

体験の流れ

Step 01

カウンセリング(10分)

トレーナーと現在の身体の状況や目標などを共有。

Step 02

動作評価(30分)

計7項目の身体の測定、身体の使い方・動き方やバランス・筋力・呼吸などを統合的に確認。

Step 03

体組成測定&フィードバック(20分)

体組成測定も行い数値的な現状把握。 動作評価や目標に基づいたトレーニングの方向性を設定。 施設利用(ロッカー・シャワー) / タオル・レンタルウェア・水・アメニティ貸し出し カウンセリング「カラダの動かし方の健康診断」(FMS・3Dセンサーバランス測定・体組成計)を行います。

まっすぐ立つこと

Blog

2021.12.9

おはようございます。

本日は「まっすぐ立つこと」と言うテーマで書かせていただきます。

 

足について

突然ですが、

人間のカラダには何本の骨があると思いますか。

成人となると約206個の骨があります。

意外と多い?少ない?

様々な声が聞こえてきそうですが、約206個の骨で成り立っています。

その、206個の骨の内、足部には何個の骨が存在するでしょうか。

(足部=足首から下と思ってください)

足部には両足合わせて52個もの骨があります。(種子骨や過剰骨を含めると56個)

全身の骨の数の約1/4が、小さな足部に集まっています。

多くの関節を形成して複雑に機能し、姿勢維持や歩行における衝撃吸収や推進力形成に貢献しています。

様々な路面に対応できるのも、足部に多くの骨と関節が存在するからなんです。

足部は二足歩行の人間にとって、唯一地面(地球)に接している部分です。

言わば「土台」です。

建物も土台がしっかりしていないと、どんなに良い材料を使って建てたとしても崩れやすくなりますよね。

人間も同じです。

どんなに立派な筋肉を身に纏っていても、

土台となる部分がしっかり機能していなければ、本末転倒です。

 

立つことを考えてみる

現在、一般的に知られている正しい姿勢や良い姿勢は、垂直壁面にかかとから頭までをぴったりと付けた状態での立ち姿勢でイメージされる事が多いのではないでしょうか。

書籍やインターネット情報などでも多く散見します。

しかしながら、実はこの垂直に立つイメージでの姿勢は多くの誤解を生んでおり

実は非自然的な姿勢であるが故に、その姿勢を維持しようとすると、知らずに自らの運動機能を低下させてしまったり

無理を強いれば肩や腰への痛みの原因になる可能性があります。

その非自然的な理由について、二つの観点から鑑みて、合点のいかない解釈である事がわかります。

 

①人間の進化からの観点

水平面からの垂直線は、人間が建築技術を持つに至ってから生み出された線です。

私たちの祖先は、この垂直線を生み出す前から二足で生活をしているのですから、いつから人間は自らが生み出した線に支配された姿勢をとらなければならなくなったのかと言う観点から見れば、垂直につ立つことの矛盾が見えてきます。

②人体構造からの観点

水平面に垂直に立つということは、身体を真横から見た場合、カメラの三脚のような構造バランスで立つということです。

カメラの三脚が地面から垂直に立つためには、支柱を支える全ての脚の長さが同じであり、支柱との傾斜角度も全て同じである必要があります。

では人体の足の構造はどうでしょうか。

くるぶしから前方の骨格をつなぐ線とでは、長さも違えば織りなす傾斜角度も違います。

建築構造から見ても、この構造では支柱を垂直に立てることが難しいということに気づくでしょう。

「テレビ、メディアではこう言ってた」

確かに間違いではないとは思います。

ただ、それが果たして本当の意味で人のカラダを豊かにすることなのでしょうか。

豊かさのヒントを与えてくれるものの一つ

・歴史

ルーツを学ぶことで、本質的な部分が見えてくると考えます。

先人の教え、生き方が最高の教科書です。

 

立ち構えの簡単な見積もり法

①足底8点で立つ

5指の腹・母趾球・小趾球・カカトの面)

②膝と股関節を心地よく伸ばす

(オーバーに伸ばそうとしないこと)

③頭頂部をしっかりと天井へ向ける

 

上記3点がどこでででも自分の「生理的に正常な姿勢(立ち方)」を見積もれる方法となります。

是非、皆さまも試して行なってみてください。

 

ただ、そもそも私たち動物というのは姿形にこだわって生きてきておりません。

立ち方(形)だけを整えても、カラダにストレスを感じない状態にはなれないと考えます。

その理由と、何が必要なのかについてはまた後日書かせていただきたいと思います。

 

今回は「まっすぐ立つこと」について書かせていただきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

気に入っていただけたら、LINE@(下記QRコード)の登録をぜひよろしくお願いします。

それでは、明日の投稿もお楽しみに。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

WORKOUT FOR LIFE

あなたにとって生涯に一人の

ライフスタイルトレーナーとして

理想のカラダと、将来にわたる健康をご提案します。

WEBhttps://saco-workoutwell.jp

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

SACO WORKOUT WELL NIIGATA

新潟県新潟市中央区礎町通一ノ町1955

TEL025-378-5739

SACO WORKOUT WELL FUKUOKA

福岡県福岡市早良区高取2-17-43

TEL0120-35-3514

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ご相談、お問い合わせはメールまたはLINE@、お電話にてお受けしております。

メールまたはLINE@でお問い合わせいただける方はこちらをご確認ください。

①お名前

②ご連絡先

③ご質問、お問い合わせ内容

お得な情報はLINE@にて配信いたします。

この機会にご登録ください。

LINE@は下記のQRコードを読み取りください。

SHARE ARTICLE Facebook Twitter

NIIGATA
〒951-8055 新潟県新潟市中央区礎町通一ノ町1955
TEL025-378-5739 / FAX025-378-5728

FUKUOKA
〒814-0011 福岡県福岡市早良区高取2-17-43
TEL0120-35-3514

TOP