SACO WORKOUT WELL

初めての方はこちら
体験予約

TRIAL(体験60分)

11,000円(税込) / 1

施設利用(ロッカー・シャワー) / タオル・レンタルウェア・アメニティ/ カウンセリング「カラダの動かし方の健康診断」(FMS・3Dセンサーバランス測定・体組成計)

お客さまの現在の姿勢や動きの癖、身体の歪みや柔軟性、体組成などを測定。カウンセリングによってお客さまの目的を確認後、トレーナーミーティングによって協議後に、あなただけのカスタママイズされたエクササイズプランを作成します。S.O.A.P.システム=「カラダの動かし方の定期検診」を行うことによって、お客さまのカラダの状態と現状の目的を継続的に確認し、エクササイズプランをアップデートしていきます。入会時と入会から3か月毎に必ず受講をしていただいております。
※身体評価からトレーニングまでご体験頂きます。お一人様1回限りのご利用になります。

3つのポイント

  • マンツーマンサポート

    専属トレーナーがあなたの健康面も含めてサポートします。

  • 手ぶらで気軽に通える

    施設利用(ロッカー・シャワー)ウェア一式、タオル、水・アメニティ貸出し等のトレーニングに必要なものは全て完備します。

  • 見える化

    「カラダの動かし方の健康診断」(FMS・3Dセンサーバランス測定・体組成計)を行い、あなたのトレーニング効果を見える化します。

体験の流れ

Step 01

カウンセリング(10分)

トレーナーと現在の身体の状況や目標などを共有。

Step 02

動作評価(30分)

計7項目の身体の測定、身体の使い方・動き方やバランス・筋力・呼吸などを統合的に確認。

Step 03

体組成測定&フィードバック(20分)

体組成測定も行い数値的な現状把握。 動作評価や目標に基づいたトレーニングの方向性を設定。 施設利用(ロッカー・シャワー) / タオル・レンタルウェア・水・アメニティ貸し出し カウンセリング「カラダの動かし方の健康診断」(FMS・3Dセンサーバランス測定・体組成計)を行います。

ストレッチとは何か

Blog

2021.11.7

おはようございます。

本日は「ストレッチとは何か」についてご紹介したいと思います。

 

皆さんも、ストレッチという方法はご存知かと思います。

ストレッチにも色々な種類があり、目的によってその方法を変えて実施しております。

ストレッチのコツと用途別で選択できるようになれば、柔軟性向上・運動パフォーマンス向上、疲労回復といった効果を実感できると考えます。

ストレッチの概念

ストレッチ(Stretch)とは、英語の『stretch』であり、その意味は対象を『伸ばす・広げる・伸張する』などで、いわゆるストレッチ体操そのものを指す意味もあります。

身体活動におけるストレッチという概念は、1960年頃からスポーツ科学の論文中などで使われ始め、1970年代後半より急速に広がっていったと言われています。

 

ストレッチの種類

ストレッチといっても様々な手法があり、目的によって使い分けて行うものもあります。

 

①スタティック(静的)ストレッチング

◆特徴

最終域で静止し、数秒から数十秒間ストレッチングする。

◆タイミング

・運動後

 

②ダイナミック(動的)ストレッチング

◆特徴

瞬発的な動きに対応することを目的の一つとしている。

◆タイミング

・運動前

 

③バリスティック・ストレッチング

◆特徴

反動を利用し、伸張反射を活用したストレッチング。

◆タイミング

・運動前(運動熟練者)

 

PNF(固有受容生神経筋促通法)

◆特徴

2人組で行う(1人で行う方法もある)

受動的動きと能動的動きの両方を伴い、関節可動域を広げていく。

◆タイミング

・運動前

・運動後

 

SMFR(自発的筋膜リリース)

◆特徴

フォームローラーまたはリリースボールといったツールを使用(自身のカラダの部位を使った方法もある)

拘縮している筋に焦点を当てていき十分な圧力をかける。

◆タイミング

・運動前

・運動後

 

ラジオ体操のような大きく反動を使うストレッチは運動前、呼吸と共に一定のポーズで静止し心地よく伸ばすストレッチは運動後となります。

あまりにも可動域が狭いという方は例外として、運動前にスタティックストレッチを推奨する場合もあります。

 

コツを知る

よく「ストレッチする部分を意識しましょう」という指導法があります。

筋肉というのは、基本的には常にスイッチON状態であり自身で引き伸ばすということは難しいと考えられます。

また、動作は「神経系筋系骨格系」という順序で特定の筋を収縮させ、動作を生み出す運動連鎖によって機能します。

簡単に説明すると、頭で意識した部分(筋)はより収縮する様になっております。

引き伸ばしたいのに意識してしまえば、ストレッチ効果は減少してしまうのです。

ただ、ストレッチ効果を出す方法はいくつかあります。

 

 

SMFR(自発的筋膜リリース)

フォームローラーまたはリリースボールといったツールを使用し、ストレッチを行います。

②パートナーストレッチ

人に身を任せ、ストレッチを行ってもらいます。

 

-②の中でしたら、②の方法が特にオススメです。

意識をせずに身を委ねられるのでよりストレッチ効果を実感しやすくなります。

 

トレーニングだけでは無い

当ジムでは、トレーニングのみでなく目的に合わせて様々なストレッチを行っております。

その中でも、10月からスタートした新サービス「STRETCH+」がお客様から大好評です。

「生まれてこの方カラダの後ろで手を組めなかったが、3回の施術で組めた」

「全身が軽くなって、毎回でも受けたい」

このような有難いお言葉を頂いております。

会員様限定で受けていただく事ができるサービスです。

まだ体験されていない方でご希望の方は、

当ジムスタッフにお問い合わせください。

本日は「ストレッチとは何か」についてご紹介させていただきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

気に入っていただけたら、LINE@(下記QRコード)の登録をぜひよろしくお願いします。

それでは、明日の投稿もお楽しみに。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

WORKOUT FOR LIFE

あなたにとって生涯に一人の

ライフスタイルトレーナーとして

理想のカラダと、将来にわたる健康をご提案します。

WEBhttps://saco-workoutwell.jp–

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

SACO WORKOUT WELL NIIGATA

新潟県新潟市中央区礎町通一ノ町1955

TEL025-378-5739

SACO WORKOUT WELL FUKUOKA

福岡県福岡市早良区高取2-17-43

TEL092-832-1222

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ご相談、お問い合わせはメールまたは

ライン@、お電話にてお受けしております。

メールまたはライン@でお問い合わせいただける方は

こちらをご確認ください。

①お名前

②ご連絡先

③ご質問、お問い合わせ内容

お得な情報はライン@にて配信いたします。

この機会にご登録ください。

ライン@は以下のQRコードを読み取りください。

SHARE ARTICLE Facebook Twitter

NIIGATA
〒951-8055 新潟県新潟市中央区礎町通一ノ町1955
TEL025-378-5739 / FAX025-378-5728

FUKUOKA
〒814-0011 福岡県福岡市早良区高取2-17-43
TEL0120-35-3514

ICHINOMIYA
〒491-0859 愛知県一宮市本町3丁目3-1
TEL0120-35-3514

TOP