SACO WORKOUT WELL

初めての方はこちら
体験予約

TRIAL(体験60分)

11,000円(税込) / 1

施設利用(ロッカー・シャワー) / タオル・レンタルウェア・アメニティ/ カウンセリング「カラダの動かし方の健康診断」(FMS・3Dセンサーバランス測定・体組成計)

お客さまの現在の姿勢や動きの癖、身体の歪みや柔軟性、体組成などを測定。カウンセリングによってお客さまの目的を確認後、トレーナーミーティングによって協議後に、あなただけのカスタママイズされたエクササイズプランを作成します。S.O.A.P.システム=「カラダの動かし方の定期検診」を行うことによって、お客さまのカラダの状態と現状の目的を継続的に確認し、エクササイズプランをアップデートしていきます。入会時と入会から3か月毎に必ず受講をしていただいております。
※身体評価からトレーニングまでご体験頂きます。お一人様1回限りのご利用になります。

3つのポイント

  • マンツーマンサポート

    専属トレーナーがあなたの健康面も含めてサポートします。

  • 手ぶらで気軽に通える

    施設利用(ロッカー・シャワー)ウェア一式、タオル、水・アメニティ貸出し等のトレーニングに必要なものは全て完備します。

  • 見える化

    「カラダの動かし方の健康診断」(FMS・3Dセンサーバランス測定・体組成計)を行い、あなたのトレーニング効果を見える化します。

体験の流れ

Step 01

カウンセリング(10分)

トレーナーと現在の身体の状況や目標などを共有。

Step 02

動作評価(30分)

計7項目の身体の測定、身体の使い方・動き方やバランス・筋力・呼吸などを統合的に確認。

Step 03

体組成測定&フィードバック(20分)

体組成測定も行い数値的な現状把握。 動作評価や目標に基づいたトレーニングの方向性を設定。 施設利用(ロッカー・シャワー) / タオル・レンタルウェア・水・アメニティ貸し出し カウンセリング「カラダの動かし方の健康診断」(FMS・3Dセンサーバランス測定・体組成計)を行います。

基本の動きがそもそもできない場合③

Blog

2022.5.22

おはようございます。


本日は、基本の動きがそもそもできない場合のストレッチについて書かせていただきたいと思います。


以前投稿した内容の続編となります。

これからはシリーズとして、基本動作を改善するために有効な運動がそもそもできない場合のストレッチを紹介していきます。


前回は、脊柱(背中)の動きがなかなか作れず、カラダの使い方、姿勢改善に有効なキャット&カウができない場合の別パターンとして、バランスボールを用いたストレッチ法をお伝えしました。

「この運動オススメですよ」と言われても、映像や写真のように動かせないことは多々あると思います。

気持ちよく運動が行えるように、自身のカラダとより向き合えるように、今回も別パターンで脊柱の動きを作るストレッチをご紹介します。


あと、前回もお伝えしましたがトレーニングを始める前にまず行うことはウォーミングアップです。

その内容例としては、


基本運動である「起立」が行えるためにも足元を整える運動。

「歩行」を行うための脊柱と股関節の動きや連動性を養う運動。

人の成長機序(仕組み)の根本である「呼吸」を気持ちよく行える運動。


といった足元、脊骨、股関節といったカラダを保ったり動きを作る上で要となる部位の運動になります。


●脊骨の運動

背骨は大きく分けて「頚椎」「胸椎」「腰椎」の3つに分かれていて、丸める「屈曲」、そらす「伸展」、横に倒れる「側屈」、捻る「回旋」という人間の基本的な動きを伴う部分です。

この背骨の動きが悪くなることにより、肩こり腰痛といった不調だけでなく「呼吸」「起立」「歩行」といった人間基本運動を気持ちよく行えないことに繋がります。


その背骨の基本動作を養うための代表的な運動が前回も紹介した「キャットカウ」です。


●キャット&カウ

・反らす(伸展)





・丸める(屈曲)




《ポイント》
1.四つ手の基本姿勢をつくり、息を吸う。
2.息を吐きながら、腰から首にかけてゆっくりと背中をそらし視線は斜め上を向く。
3.もう一度息を吸い、2と同様の順に動かし背中を丸めていき視線は腹部を向く。
4.2と3をゆっくり繰り返す。



《注意点》
・動作中は呼吸を止めないようにする。
・肩や股関節が痛い場合は無理をせずに動かせる範囲内で行うか、やらないようにする。
・手のひら、膝、つま先が床から離れないよう注意する。


この運動は背骨の動きをスムーズに行うための代表的な種目です。

上でも畳1畳あれば簡単にでき、とても効果的ではありますが、そもそもこれができない場合があります。


●原因

①背中の筋肉の緊張

②胸の筋肉の硬さ

③肩甲骨の動かし方

④呼吸の浅さ


上記以外でも原因は山ほどありますが、動きができない場合として筋の硬さにより制限がかかっていることが1つ考えられることから、まずはその硬い部分をストレッチしてから連動した動きを作るための運動を取り入れると良いです。


●前面・背面を緩める

レベル2

ミニボールを使い、深呼吸をしながら行います。



◯腹部リリース(ストレッチ)



◯頸部ストレッチ


↑※バランスディスクでも行えます。


◯腹部トレーニング(背面(下背部)ストレッチ)
・スタート






・フィニッシュ




脊柱伸展(反らし)ができない場合は腹部が硬いことも考えられます。

また、脊柱屈曲(曲げる)が苦手な場合は首の裏であったり下背部(腰)の硬さもあると考えられます。

ストレッチだけでなくトレーニング要素を取り入れることでより動きを作ることができると考えます。

次回以降、また別パターンでご紹介したいと考えます。

是非、参考にしてみてください。


今回は、基本の動きがそもそもできない場合のストレッチについて書かせていただきました。

気に入っていただけたら、LINE@(下記QRコード)の登録をぜひよろしくお願いします。

それでは、明日の投稿もお楽しみに。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

WORKOUT FOR LIFE

あなたにとって生涯に一人の

ライフスタイルトレーナーとして

理想のカラダと、将来にわたる健康をご提案します。

WEB:https://saco-workoutwell.jp

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

SACO WORKOUT WELL NIIGATA

新潟県新潟市中央区礎町通一ノ町1955

TEL:025-378-5739

SACO WORKOUT WELL FUKUOKA

福岡県福岡市早良区高取2-17-43

TEL:0120-35-3514

SACO WORKOUT WELL ICHINOMIYA

愛知県一宮市本町3丁目3-1

TEL:0120-35-3514

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

※ご相談、お問い合わせはメールまたはLINE@、お電話にてお受けしております。

メールまたはLINE@でお問い合わせいただける方はこちらをご確認ください。

①お名前

②ご連絡先

③ご質問、お問い合わせ内容

お得な情報はLINE@にて配信いたします。

この機会にご登録ください。

LINE@は下記のQRコードを読み取りください。


SHARE ARTICLE Facebook Twitter

NIIGATA
〒951-8055 新潟県新潟市中央区礎町通一ノ町1955
TEL025-378-5739 / FAX025-378-5728

FUKUOKA
〒814-0011 福岡県福岡市早良区高取2-17-43
TEL0120-35-3514

ICHINOMIYA
〒491-0859 愛知県一宮市本町3丁目3-1
TEL0120-35-3514

TOP